読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GREEが強い本当の理由

ユーザー数も急成長

グリーは9月28日、同社が提供するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「GREE」の会員数が9月25日に1500万人を突破したことを発表した。
一方、「モバゲータウン」のユーザーは1,469 万人(2009年7月末現在)、「mixi」のユーザー数は1,741万人(2009年6月30日現在)となっている。
数年前は、mixiに大きく遅れをとったといわれていたGREEが、今では収益性ではmixiを超え、ユーザー数でもモバゲータウンを超える勢いを持つようになった。その要因は一体何だったのか?

プレスリリースでは以下のように記載されている。

会員増加の主な要因としては、引き続き好調のTVCMに加え、交通広告や初の大型屋外広告など多様な媒体を活用した積極的な広告宣伝活動を展開してきたことにより、全国から幅広い年齢層の会員登録が増加したことが挙げられます。特に、30代以上のユーザーの構成比は、1,000万到達時点の36%から 40%に上昇しております(別紙 2・3)。また、会員同士が一緒に遊べる当社独自のソーシャル・ゲーム(SNS連動型ゲーム)での新機能の導入などの施策が功を奏し、既存会員からの招待も増加致しました。

グリー株式会社 | ニュースリリース | プレスリリース 2009年 | GREE会員数が1,500万人を突破

モバゲータウン」のユーザー層は10代が圧倒的に多く急激に会員数を増加させたが、ターゲット年齢層の拡大をはかれず頭打ちの状態になりつつある。
mixiは日本最大のSNSとしてのユーザー数を誇っているが、アクティブ・ユーザーは減少傾向にある。その歯止め策として「mixiアプリ」のようなオープン化をはかって活性化しようとしている。

日本初のSNSからモバイルSNS

GREEは、2004年2月にサービスを開始した日本最初のSNSmixiとどちらが先か?については諸説あるが、GREEのほうが1カ月程早かったと記憶している。)であり、当時はまだ楽天の開発者だった田中良和(現代表取締役社長)の個人的趣味のひとつとして立ち上げたサービスだった。その後、田中は楽天を辞めてグリー株式会社を設立した。
2006年7月には、第三者割当増資を実施し、KDDIからの出資を得る。SNSとしてmixiに水をあけられていたGREEが独自の「モバイルSNS」路線を歩む契機はここにあった。
そして、2006年2月にサービス開始をしていた「モバゲータウン」(運営:DeNA)と似て非なるソーシャル・ゲームの開発を進めていく。特に、「釣り☆スタ!」はキラー・アプリケーションとして幅広い年齢層に人気がある。

 グリーは9月25日、ディー・エヌ・エー(DeNA)およびORSOを東京地方裁判所に提訴することを発表した。
 グリーは携帯電話向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「GREE」を、DeNAも同じく携帯電話向けSNSモバゲータウン」を提供している。ORSOはモバゲータウンにゲームを配信している。
 今回の訴訟は、DeNAとORSOが共同でモバゲータウンに配信しているゲーム「釣りゲータウン2」が、グリーがGREEで配信しているゲーム「釣り★スタ」に関する著作権を侵害しているとしたもの。

グリー、DeNAを提訴--釣りゲームの配信差し止めと賠償金を請求 - CNET Japan

auのキラー・アプリへ

「数か月前にグリーを始めたんですけど、『釣り☆スタ!』にハマっちゃって…。」という28歳男性Aさん。
「攻略方法とかいろいろ研究してわかったんですけど、auの端末でやると釣り竿の長さも違っていて、釣り易いことに気がついたんですよね。ボクのケータイはDoCoMoなんですけど、友人のauを使ってゲームをするのと明らかに釣り易さが違うんですよ。DoCoMoでもSoftbankでもダメです。ユーザーの中には、グリーのためだけにauに機種変更しようか、と言っている奴が何人もいますよ。少なくともボクが作ったグループの13人の中には1人いました。(笑)」

グリーのゲームは当然3キャリア対応となっているが、auへの巧妙な囲い込みがゲームの演出自体に組み込まれていた。
話を聞いたAさんの場合、メルアドを変えたくないので機種変更はしないつもりだが、ゲーム専用機としてau携帯も1台欲しいくらいだ、という。
mixiで友人・知人とのコミュニティを維持し、携帯ゲームはGREEを使っている、という典型的なユーザーの一人だろう。

ゲームでスコアを上げるためには、時間をかけて攻略するか、お金を払ってゴールドと呼ばれるGREE内の専用通貨を買うか、友人知人を招待するかの三択になっている。
会員増加の主な要因として、プレスリリースではマス広告の効果を強調していたが、実際は新規ユーザー獲得のスキームがサービス内にうまく構築されていた、ということになる。しかも3キャリアをターゲットにしつつも、株主であるauのプライオリティをあげている。


午前2時。この時刻でも約6万8000人のユーザーが「釣り☆スタ!」に興じている。