読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロスメディア体験

滅多にテレビ(地上波)番組を見ず、滅多に映画を観なくなった自分には珍しい体験だったので記録しておく。
【1:テレビ】珍しく早起きをしてテレビをつけていて、偶然見た番組。
7/20(日)朝7:00-7:30「ボクらの時代」(CX系)に押井守監督、加瀬亮菊地凛子が出演。
映画「スカイ・クロラ」のプロモーション。(http://sky.crawlers.jp/tsushin/media/tv.html
映画は少し気になったが、それ以上に、これが菊地凛子か、と印象づけられる。
【2:ネット】TumblrでDashboardにアップされるReblogの中に「攻殻機動隊2.0」のポスター画像が…。
これがきっかけで、映画「スカイ・クロラ」の公式サイトをチェック。映画「攻殻機動隊2.0」が限定公開されていることを知る。新宿ミラノ1でレイト・ショー。これなら時間的にも行けるかもしれない、と思う。
実は「攻殻機動隊」はテレビ版を数回観たことがある程度で、気にはなっていたが映画版を観たことがなかった。(「イノセンス」も気にはなっていたが結局観ていない)
【3:映画】映画館で観るべき要素が揃った映画であることを知り、観に行くことにする。(レイト・ショーは当日券も1,300円でオトク。)
久しぶりに映画館で観る映画の面白さを堪能する。光の質感と音響の迫力は、キャパの大きな映画館ならでは、だと思った。
オリジナルを観ていなかったので、どう変わったのか?は、よくわからなかったが、期待以上のクオリティだった。エンディング・クレジットの「2.0」部分をチェックすると3DCG部分が今回の目玉だったことがわかる。SUNの名前もあった。音も素晴らしかったが、"Skywalker Sound"のロゴが気になった。
【4:ネット】どこが「2.0」なのか?どういう手が加えられているのか?気になり、関連サイトをチェック。
「攻殻機動隊 2.0」7月に公開 3DCGで全編リニューアル - ITmedia ニュース
「攻殻機動隊2.0」が間もなく誕生する!完全リニューアル版が急きょ上映! - シネマトゥデイ
ZAKZAKアニメ☆声優 - 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』トークイベントレポート
大スクリーンの『攻殻機動隊2.0』は必見!: 氷川竜介ブログ
押井守の傑作がバージョンアップ!「攻殻機動隊2.0」7月12日公開 : 映画ニュース - 映画.com

紙媒体との接触はなかったが、テレビ・映画・ネットの「クロスメディア戦略」にまんまと乗ってしまった感じがしている。(苦笑)・・・「スカイ・クロラ」を観に行くかどうか?は、わからないが。