読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を出版することが大変な10の理由

 米口コミマーケティング協会の会長だったAndy Sernovitz氏がアメリカで本の出版が大変になっている10の理由を挙げている。

1. 出版される本の数は爆発的に増えている
2. 本の市場はは2005年から2006年0.3%減少、他の年もフラット。
3. 本の販売数は平均500。それも落ちてきている。
4. 本屋での本の販売は2004年がピーク。
5. ビジネス本が平均的な本屋におかれるチャンスは1%
6. 同じマーケティングコストや努力でも効果は低下
7. 今日の本のほとんどは著者や出版社のコミュニティへ売れる。
8. 今日の本のマーケティングは出版社ではなく、著者によって行われる
9. 本ほど新商品の多い業界はない。
10. 出版業界の嵐は終わることがない。

Ad Innovator: 本を出版することが大変な10の理由

翻訳に違和感があったので原文も参照。以下、抜粋。

THE 10 AWFUL TRUTHS ABOUT BOOK PUBLISHING

1. The number of new books being published in the U.S. has exploded.

2. Book industry sales are flat, despite the explosion of new books.

3. Average book sales are shockingly small, and falling fast.

4. Bookstore sales peaked in 2004 and have been declining since.

5. A book has less than a 1% chance of being stocked in an average bookstore.

6. It is getting harder and harder every year to sell books.

7. Most books today are selling only to the authors’ and publishers’ communities.

8. Most book marketing today is done by authors, not by publishers.

9. No other industry has so many new product introductions.

10. The bookselling world is in a never-ending state of turmoil.

If you’re thinking of writing a book | Andy Sernovitz | Damn, I Wish I'd Thought of That!