読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IDC Japan、2008年国内IT市場10大予測を発表

12月の記事だが、忘れないためにエントリー。
(1)(4)(6)(7)あたりは、仕事でも直接経験済み。
IDC Japanのプレスリリースは、こちら。
2008年国内IT市場10大予測を発表

 IDC Japan(本社:東京都千代田区)は2007年12月13日、2008年の国内IT市場でキーとなる技術や市場トレンドなど主要10項目の予測を発表した。「オンデマンド型SaaS」「仮想化」などを挙げており、2008年が世界的にGDP成長率の減少が予想されるなか、とくに中小企業(SMB)の動向が注目されるとしている。

 10大予測は、(1)オンデマンド型SaaS(Software as a Service)の利用がSMBを中心に急拡大(2)サーバーを中心に仮想化への取り組みが本格化 (3)環境資源保護を図るグリーンITへの取り組みが企業のステータスを左右(4)コンプライアンス(法令順守)への対応がIT投資の伸びを下支え(5)データセンターサービス利用拡大によるコロケーションからホスティングへの需要シフト (6)シンクライアント導入の本格化(7)SMB市場がIT市場拡大のカギを握る(8)高速無線通信に向けたインフラ用機器と端末機器の主導権争い (9)企業VoIP市場のすそ野拡大(10)サービスの共同利用化とアウトソーシングの拡大。

IDC Japan、2008年国内IT市場10大予測を発表 - デジタル - 日経トレンディネット